2006年01月27日

DEPAPEPE

ギターデュオ、DEPAPEPE、
最近ちょっと気になります。


以前ブログに書いたように、
いよいよ今年から
音楽活動を再開しようと思っています。

選んだジャンルは男性ボーカルデュオ。
高校時代の友人と、
「気持ちのいい音楽をやろう!」ということで
目下思案中です。

そして冒頭のDEPAPEPE。
ギターデュオなんですが、
2人の奏でる音楽が
今目指しているものに
とても近い気がしているんです。

ボーカルとギターの違いはありますが、
耳障りのいい、あったかくなる音楽。
飾らない、いい意味で力の抜けた音楽。
キットジャンルを超えて、人の心を討つってのは、
こんな音楽のことを言うんだろうなーなんて
漠然と思ってます。

NHKのトップランナーという番組に出演していた2人。
収録に行っていた方から(その方もミュージシャンです!)
ぜひ見たほうがいいよ!
と、教えてもらっていたのですが、
台湾旅行中で見られず。
そしたらなんと今晩、早速再放送があるとのこと。
そして今、再放送を見ています。

徳岡さんの柔らかなアタック音、そして繊細なタッチ。
それと対照的な三浦さんの力強い、若々しい音。
これが高い次元で融合してひとつの音楽を創る…。
いいなぁ…早く歌いたい!

DEPAPEPEの公式ウェブサイトはコチラ
posted by Kyo1016jp at 00:32| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっと、『収録に行っていた』者です★
こんばんは。
 
ほんと、私もああいうスタンスに憧れます。
いい意味で「力の抜けた」音楽!
いいですよね〜。

私も二人が言ってたように、
特に、「メッセージを伝えたいっ」とか主張とかは無いんです。
ただ単純に、誰かに聴いてもらって、
「気持ちいいなぁ」とか「楽しいなぁ」とか・・
ほんの少しでも感じてもらえたら嬉しいなと思ってやってます。

活動再開、楽しみですね!
お互いがんばりましょう〜。
Posted by tomo at 2006年01月28日 01:53
tomoさんこんばんは!

力の抜けた音楽って、力いっぱいやるよりも、
はるかに難しいですよねー。
一歩間違えれば「手抜き?」
なんて思われるかもしれないし…。

速い曲、パワフルな曲、ソウルフルな曲
じゃない曲でも
ソウルを伝えられるようになりたいと、
心から思います!
Posted by Kyo1016jp at 2006年01月28日 02:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。